ロードスターでDIYとドリフト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カムシャフト交換

バルブクリアランス調整の記載と一部、重複しますが。。。

まずはクランクプーリーを回して、基準位置(1番気筒が圧縮トップ)に合わせます。

合わせ方は、カムシャフトプーリーのアイマークを合わせます。
(写真だと少しずれているように見えますね。。)
カム交換1


カムシャフトだと、1番気筒の吸気、排気カムのカム山が外側に向いていればOKです。
カム交換2


カムシャフトの取り外しは、図に示す番号順に、カムシャフト・キャップ・ボルトを
2~3回に分けてゆるめて、外していきます。
バルブクリアランス調整2

ポイントは、”1度にゆるめない” と、”外から順に” ですね!

カムを外す前に、カムプーリーを外しておいた方がよいです。
外したついでに、カムシャフト・オイル・シールも交換しておきました。

ちなみに、タイミングベルトは完全にゆるめなくても作業できました。(カムプーリー部のみ)
カム交換3


カムは東名の256タイプです。
カム山のエッジを#800~#1000のペーパーで軽くバリ取りしておきました。
カム交換4


カムシャフトの取り付けは、取り外した際の逆の順番で、カムシャフト・キャップ・ボルトを
2~3回に分けてゆるめて、締めていきます。
バルブクリアランス調整7

今度は、”内から順に”ですね!

あとポイントは、カムシャフトを水平に保ちながら、水平に沈み込むように調整しながら、ボルトを締めていきます。
指定トルクは、11.28~14.22N・m(1.15~1.45kgf・m)ですので、トルクレンチで確認しました。

トルクレンチを使っての作業は、”いかにもエンジンをいじってる!”って感じでテンション上がりますね。(笑)
エンジンをいじる際には、トルクレンチはあった方がいいです!

私の愛用はシグネット!
本当はもっと高級ブランドが欲しいところですが(笑)、値段が高い。。
とは言っても、正確なトルクを調整するのに安物では心配。。
ということでこれを使ってます!

SIGNET(シグネット):ニュータイプ トルクレンチ 型式:71008






スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 23:17:29|
  2. カム交換
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://roadsterydiy.blog.fc2.com/tb.php/29-88821f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。