ロードスターでDIYとドリフト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デミオの冷却水交換  CP-1を試してみました!

やっと試してみました!
高吸水性樹脂 CP-1!

はたして、冷却水の廃棄に使えるかな~
今回はデミオのLLC廃棄に使ってみます。

高吸水性樹脂 1.5kg 液状廃棄物・簡易トイレ用凝固剤【驚吸水、驚速凝固!! 簡易トイレに最適 150回分】




LLC交換1


まずは水で試してみます。
おお~!!!
瞬時に固まりますね!!  評判通り!
LLC交換8


次に、デミオの冷却水を排出します。
場所はここ。 
ノーマル車高だとジャッキアップもせずに、アクセスできて便利ですね~

LLC交換2



コック?を回すと、冷却水が出てきます。
排出はこれだけ!

下にバケツなどで、排出する冷却水を受けておきます。
LLC交換3



ラジエーターのキャップも開けておいた方がいいでしょうね~
LLC交換4



今回はホームセンターで買ってきた冷却水(LLC)を入れます。
LLC交換5



クーラントは特にこだわりはありませんが、日産、マツダは緑色で。
(トヨタは赤色ですね。)
成分は同じなのに、こんな所で派閥を出さなくてもいいのに。。

また、デミオは4Lあれば十分足りました。
これだと余りますね。。

古河薬品工業 ラクラククーラント55-004 1本(5L)






補充はこんな感じでやりました。
ペットボトルを切って使いました。
LLC交換6


いっぱいまで冷却水が入ったら、あとはエア抜きです。
エンジンをかけたら、ボコボコと入っていくので、足していきます。

完全にエアを抜くには、ラジエータキャップを締めて、完全暖気(サーモスタット開)
にして、ヒータ全開にします。

そしたら、冷却水が減っているので、また足していきます。

くれぐれも、熱い時にはラジエータキャップを開けないで!!!
圧力がかかっているので、水柱?が立ちます。(笑)


で、問題の冷却水の廃棄です。

CP-1を入れると。。。
あれ。。。 固まらない。。。。
LLC交換7



おかしい。。。
もう少し足しても。。。。 固まらない。。。。

さらに足しても。。。

ええい!!
おもいきって、半分くらい(200gくらい?)入れてやると、
何という事でしょう~
やっと固まりました!!
LLC交換9



結論!
CP-1は冷却水(LLC)の廃棄に使えない事はないですが、水のように少量で固まら
ないため、お手軽に! とは言いにくいかも。。







スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 22:41:33|
  2. LLC交換
  3. | トラックバック:0

コンプレッション計測

バルタイ調整の際に、ついでに?コンプレッション計測も行いました!

計測の際には、アクセル全開でクランキングして計測します。
ですので、事前に燃料ポンプリレーを外しておきました。


測定の際には、コンプレッションテスターを使います。
お得な価格で入手できるアストロ製を使っています。

>AP コンプレッションテスター【圧縮比測定 圧縮チェック】【アストロプロダクツ】


感想(3件)




各気筒毎にクランキングさせて、こんな感じでコンプレッションを計測します。
クランキングは数秒間くらいキーを回し続けました。
コンプレッション計測1


クランキング時のピーク値の圧力を採用します。
これだと11.5kg/cm2ですね。
コンプレッション計測2

私のロードスターの結果は、、、
 1番気筒:11.0kg/cm2
 2番気筒:11.0kg/cm2
 3番気筒:11.6kg/cm2
 4番気筒:11.7kg/cm2

微妙。。。

ちなみに、、、

圧縮標準値:13.5kg/cm2 @300rpm
圧縮限度値:9.5kg/cm2
気筒間差 :2.0kg/cm2以内

との事、程度良‼︎という程では無いですが、気筒間のバラツキもなく、
限度値以下でもないので、まぁ、こんなものでしょうか。。。






  1. 2017/04/08(土) 23:22:05|
  2. コンプレッション計測
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。